プロテオグリカンはヒアルロン酸より潤う保湿成分。何故高い?

更新日:

プロテオグリカンとは?

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸より潤う保湿人気として有名ですね。1970年代には発見されたのですが、抽出が難しくて、以前は1グラム3000万円もした貴重な要素です。
製造に成功したのは2000年代で、青森県産の日本国産です。
プロテオグリカンは、人間の細胞の動きを補助している要素なのですが、年齢とともに減少するので老化していきます。
今まで保湿と言えばヒアルロン酸でしたが、そのヒアルロン酸の3割増しという保湿力があるプロテオグリカンなのです。
使うと、ピーン!と弾む弾性を感じられます。
それは、お肌の角質層まで馴染み、内側からピーン!と弾むような柔らかい弾性を与えているから。
また、プロテオグリカンは、「細胞出先マトリクス」というむずかしい名前の、細胞のコアを埋めてくれる要素の一つなのです。
だから、プロテオグリカンが含まれた美容液を使うと、ドライによって広がってしまった細胞のコアを満たし、キメを整えて、滑らかなお肌としてくれるんですね。

 

胡蝶蘭要素とは?

胡蝶蘭エキスとは

胡蝶蘭には、エイジングケア効果のある根源であるケルセチンやルチンなどのポリフェノールが、豊富に含まれています。
これらの成分が、お肌の実態に働きかけて、滑らかに整え、弾性・ツヤのあるお肌に保ちます。
胡蝶蘭は紫外線などによって、花びらの細胞が損傷を受けるのですが、夜になると、傷ついた細胞を自分でみずみずしい細胞としてよみがえらせる性能を持っており、翌日も白くまぶしい花を見せるのは知られていました。
こうした驚異の力を持つ胡蝶蘭から取り出した要素の胡蝶蘭要素です。
そもそも「皮膚の弾性」が低下してしまうのは、皮膚の弾性を支えているコラーゲンやエラスチンが、年齢や日中に受けた紫外線などの外的関係によって排除・変性してしまう事が原因です。
すばらしい“真夜中に復活させる機能”によって、お肌の状態が悪くなる原因を取り除き、皮膚の内側からみずみずしい20代並というキメのあるお肌に導いてくれるんです。
朝起きれば、以前はいつもカラカラだったお肌がウソのように、もちもちお肌でいられるようになるんです。
朝が楽しみになって、早起きが苦手な人も、、自然と目がさめてしまいますよ。


 

Copyright© プロテオグリカンの効能:仕事と子育てに家事でも肌トラブル無し , 2019 All Rights Reserved.